• 歯科クリニック
  • 歯科医
  • 歯の検査

インプラント治療を行う際は専門の歯科医院で行いましょう。専門医や治療設備、技術が整っていた方が安心して手術を受けられます。このサイトの歯科や歯医者、口元などに関する記事を読み、正しい知識を持ちましょう。ぜひとも参考になるはずです。

インプラントの平均的な寿命は10年

POINT

歯を失ってしまった場合、これまでは入れ歯やブリッジという治療法が一般的でした。
入れ歯やブリッジ治療は自然の歯と比べて噛む力を十分に得ることが出来なかったり、見た目が不自然、調整をする必要があるなどのデメリットがありました。
そこで、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から歯冠を被せるインプラント治療を選択する人が増えてきているようです。
インプラント治療のメリットは噛む力を取り戻すことが出来るということや見た目が自然であるということです。
しかし、注意しなければならないことがあります。
それが寿命があるということです。

インプラントの寿命は個人差はあるものの、平均10年程度であると言われています。
誤解の無いように言えば、インプラント治療に用いられている人工歯根は、チタンや非金属製のものであり、これらの材質は半永久的に使えます。
しかし、メンテナンスを怠った場合には、歯周病などにより寿命を迎えてしまう可能性はあります。

インプラント治療では、メーカーもしくは歯科医院が保証期間を設けている場合があります。
保証期間については、メーカーや歯科医院によって異なりますので、治療を受ける前に確認をすることをおすすめします。
なお、保証を受けるためには、条件が設けられている場合もありますので、注意が必要です。

インプラントの寿命を長持ちさせるためには、メンテナンスが欠かせません。
日常的に行なうことが出来る方法としては、歯磨きがあります。
入れ歯の様に取り外して洗うということは出来ませんので、自然の歯と同じように歯磨きを行い、汚れを取り除いたり歯垢を取り除く必要があります。

毎日、歯磨きを行っていても、磨き残しが出る場合がありますし、歯周病になる可能性があります。
そこで、痛みや違和感などが無いという場合でも定期的に口腔ケアを歯科医院で受けるようにしましょう。
自分で行なうことが出来ない歯のクリーニングを受けることが出来ます。
歯科医院によっては、歯磨き指導を行っているところもあり、自身の歯磨きの時の癖を把握し、正しい方法を身につける良い機会となる場合もあります。

インプラントはしっかりとした管理を行なうことが出来れば、入れ歯やブリッジ治療を受けたときよりも長持ちさせることが出来ます。
異常が見られた場合には、早めに歯科医院に相談をするようにしましょう。
早期治療を受けることにより、時間もお金もかからず治療を受けることが出来ます。